製品案内

中性紙保存箱

中性紙保存箱

中性紙とは純粋なケミカルパルプを原料に弱アルカリ(ph7.5〜8.5)に調整された紙です。

一般の段ボールは再生紙を使っていますので酸が発生しやすいです。
中性紙で作った保存箱は、長期間アルカリ性を保持して、外気中の汚染物質や紫外線、害虫や湿気をシャットアウトし、内容物を劣化させず、酸性化を防ぎます。

中性紙段ボールを使った保存箱は博物館や図書館、美術品、工芸品を扱っている機関に広く採用されています。

美術品や工芸品を輸送する用途にも使われています。

但し、特殊な紙のため、一般のダンボールで作るよりも、数倍の価格となります。
量産は向きません。

(用途)
古文書、美術品、工芸品、等

形式

C型 (かぶせ式)

身と蓋が分かれている形式の保存箱です。 身と蓋を同じ高さにすると、強度が増します。
蓋の高さを浅くすると、開け閉めしやすいです。
サイズが大きい場合、紙サイズの関係上、身と蓋を別々に作るので、このC型(カブセ式)になります。

中性紙保存箱C型

シェル型

貝のように身とフタが一体になっている形式で、棚に立てても、積み重ねても収納できます。
サイドが二重になっているので、積み重ねに強いです。
蓋を開けると身と蓋の接合部が開いているので、内容物が取り出しやすいです。
サイズが小さい物に向いています。

中性紙保存箱シェル型