製品について

段ボール箱の種類について

段ボールの波の部分の段のことをフルートといいます。段ボールの波の高さ(フルート)によって段ボールは区別されます。使用する箱の種類や用途によって使い分けます。

一般的な段ボールの種類

Aフルート(5mm段ボール)

段が高いので緩衝性(柔らかさ)を持ち、垂直方向への加圧に強く、箱の積み上げにも強いです。一般的な外装箱に一番多く使われています。

Aフルート(5mm段ボール)

Bフルート(3mm段ボール)

段が低いので平面的な衝撃に強いです。
瓶詰商品や割れ物商品の内装箱に多く使われています。

Bフルート(3mm段ボール)

Wフルート(ABフルート)(8mm段ボール)

Aフルート(5mm)とBフルート(3mm)を貼り合わせたもので、強度があり、重いものや貿易物に使われています。

Wフルート(ABフルート)(8mm段ボール)

Eフルート(1.5mm段ボール)

段が高いので緩衝性(柔らかさ)を持ち、垂直方向への加圧に強く、箱の積み上げにも強いです。一般的な外装箱に一番多く使われています。

Eフルート(1.5mm段ボール)



その他段ボールの種類

Fフルート(0.6mm段ボール)

段ボールの持つ断熱性を活かし、耐油・耐水性を加えることによって、化成品にかわる食品トレイとして注目されています。

Fフルート(0.6mm段ボール)

Gフルート(0.5mm段ボール)

最薄の段ボール。
板紙のようにダイレクトオフセット印刷ができ、強度も優れています。

Gフルート(0.5mm段ボール)

Cフルート(4mm段ボール)

欧米で外装箱の主流として用いられていますが、日本ではあまり使われていません。

Cフルート(4mm段ボール)

※フルート(flute)の語源
フルートの形が、古代ヨーロッパの朝廷の侍者の衣装に付いているひだのある襟に似ているので、fluteと名付けたといわれています。