ダンボール箱工房BLOG

中野木型製作所さんを見学して (市林)

1. 木型作成に使う道具、説明を聞いて……  
 製品を作るための道具の一つ変えたり、製品を組み立てるか組み立てないかでコストが変わってくると話を聞きました。また、例えサンプルが上手くいったしても製品にはならなかったり、相手の営業の方が気に入らならなければこれもまた製品にならいという事を改めて理解しました。

2. 木型作成している現場を見て、体験した感想 ……
 最初に現場に入った感想はとても綺麗に整理整頓されていました。中野木型製作所さんも3S活動に取り組んでおり、姿絵管理、棚整理を徹底している様に見受けられました。作業は簡単な方で素人でも簡単に出来上がるものでした。しかし、用意された木は溝の周りを平にする工程、刃を曲げる工程、木の繋ぎ目を打ちつける工程を先にやっていただいていおりその一通りの工程も見させていただきました。
普段自分達が使っている物を作る見学でしたので驚きと新鮮な気持ちでいっぱいでした。自分にはこの体験を活用するのは随分先になると思いますが、知識として記憶しておき、必ずこの先の仕事に生かしていきたいと思います。


201708nakanokigata2.jpg

  • 古い記事へ
  • 記事一覧へ