ダンボール箱工房BLOG

デザインのお勉強

パッケージアカデミー第5回目を受講してきました。

今回は、デザインについて学びました

配置の黄金分割とは1:1.618で配置されていることを言います。
今まで、何気なくレイアウトしていたものですが、美しく見える配分があるとは知りませんでした。

配色(色相、明度、彩度)の勉強では、色相環図をみて色チップを配置

様々な書体 書体には表情がある。
書体には古い歴史があり印刷技術の進歩によって、細い部分も出来るようになり進化していったそうです。。
スペーシング 書体をそのまま並べたのでは、やぼったくなってしまい、文字間の調整をすることをスペーシングと言います。
バランスの良い文字間が大切
デザイナーさんの腕の見せ所らしいです。

文字ひとつとっても奥が深いことよくわかりました。
デザイナーさんの大変さがわかりました。

今日はチラシや看板の文字が気になりました。
(写真は関係ないですが、看板が気になったので、写真を撮ってみました)
IMG_4415.JPG

  • 古い記事へ
  • 新しい記事へ
  • 記事一覧へ